研究業績


心理学研究(印刷中) (2022).
面会交流実施の関連要因および母親の面会交流の受けとめ等と心理的適応との関連

著者

直原康光・安藤智子

カテゴリ

査読付学術論文

Abstract

本研究の目的は,面会交流実施の関連要因および離婚後の母親の面会交流の受けとめ等と母親の心理的適応との関連を検討することであった。離婚して子どもと同居する母親を対象とした質問紙調査を行い,348名を分析対象とした。まず,面会交流の実施状況に関連する変数を検討するため,多項ロジスティック回帰分析を行った結果,面会交流の未実施や中断といずれも関連していたのは,父親が面会交流を求めてきたか,養育費の支払状況,親権・監護権の争いであった。つぎに,離婚後の母親の面会交流の受けとめ等と母親の心理的適応との関連を検討した結果,離婚後の面会交流の争い等が母親の面会交流の受けとめを介して,元夫に対する怒り,元夫からの解放,悲嘆などの母親の心理的適応に影響を与えていることが明らかになった。最後に,紛争解決や面会交流支援の実践への示唆について検討した。