研究内容

離婚後の父母や親子の関係性と子どもの適応との関連

 欧米の研究によれば,離婚後の子どもの適応に影響を与える要因の一つに,離婚後も続く父母の葛藤が挙げられています(Kelly & Emery, 2003; Schaffer, 1990/2001)。日本では,婚姻中の夫婦の夫婦間葛藤が子どもに与える影響についての研究(川島他,2007)が存在するものの,離婚後の父母の関係性の在り方と子どもの適応との関連についての研究が,まだまだ少ない状況にあります。


 そこで,両親が親としての役割をどのように一緒に行うかというコペアレンティング(Feinberg, 2003; 加藤他,2013)の概念に着目し,離婚後の父母のコペアレンティングと子どもの適応との関連について,実証データに基づき検討を行っています。また,コペアレンティングだけでなく,別居親との面会交流の子どもへの影響についても,検討しています。これまでに得られた知見は,以下のとおりです。


<親の離婚を経験した青年期・成人期の子どもの調査>

 別居・離婚後の父母の葛藤の中でも,母親の面会交流に対する懸念により面会交流へのためらいを過去に感じていたことは,現在においても親の別居・離婚に伴う心理的苦痛を抱え,メンタルヘルス上の問題と関連することを示しました。これに対し,父母の協力は,別居する父親との交流実感を通じて,心理的苦痛やメンタルヘルス上の問題を軽減する可能性が示唆されました(直原・安藤,2020)。


<離婚を経験し子どもと同居する母親の調査>

 離婚後の父母の葛藤的コペアレンティングは,直接,子どもの行動上の問題との関連が認められました。これに対し,協力的コペアレンティングは,子どもの適応とは直接関連がありませんでした。また,協力的なコペアレンティングによって高まる面会交流の促進は,暴力高群においてのみ,子どもの行動上の問題と関連していることが明らかになりました(直原・安藤,印刷中)。


 以上の研究結果からは,サンプルの偏り,サンプルサイズが小さいなど,一定の限界はあるものの,別居・離婚後も父母の葛藤が続くことは,子どもの適応にとって望ましくないという欧米の知見を支持しています。一方で,父母が協力することは,子どもの適応に間接的に良い影響を与えることが示唆されますが,そのプロセスは複雑であることが推察されます。

 今後は,基礎的な研究を継続するとともに,別居・離婚後も続く父母の葛藤をどのように低減することができるかについて,検討していきたいと考えています。